仙台デザイン&テクノロジー専門学校

TECH.C.仙台 twitterTECH.C.仙台 LINETECH.C.仙台 YouTubeTECH.C.仙台 Instagram

業界からのメッセージ

脆弱なネット社会だからこそ、“守る”人材が、もっと必要です。

PROFILE

グローバルセキュリティエキスパート 株式会社(GSX)

CCO コーポレートエバンジェリスト
武藤 耕也さん所持資格:認定ホワイトハッカー(CEH)、認定ネットワークディフェンダー(CND)、情報処理安全確保支援士

大学を卒業後、Webプログラマーとインフラエンジニアを経て、セキュリティ業界へ転向。ホワイトハッカーとしてサイバー犯罪からお客様が自衛する手法を伝えながら、国内のホワイトハッカーやセキュリティエンジニアの人材育成活動を推進している。

根底にあるのは、「悪が得をする社会にしてはいけない」という正義感。

コンピュータへの不正アクセスや悪質なハッキングといったサイバー攻撃から、国や企業、人々の暮らしを守るのが私たちの仕事です。
例えば、とても速くて運賃が安い便利な乗りものがあるとします。でも、10回に1度の確率で事故にあうとしたら、皆さん、乗らないですよね? ところが現在のインターネット社会というのは、それくらいの頻度で犯罪に巻き込まれる可能性があると言っていいほど、脆弱なのです。しかし、多くの人や企業はそうとは知らず、気軽に活用してしまっているのが現状です。
そのような中でも、ITの市場は今後も急速に拡大していくことは間違いありません。そうなれば、不正や悪用されるエリアも広がっていきます。だからこそ、確かな技術と知識をもつセキュリティのエキスパートがもっと増えなければなりません。私の気持ちの根底にあるのは、「悪が得をする」そんな社会には絶対させてはいけないということ。ぜひ、そういった正義感をもつ人、もてる人にこの業界を目指してほしいと思っています。

私は大学時代からコンピュータの仕事に関わるようになり、のちに入社した会社の業務では、回線の導入からネットワークの管理、システムの構築、どうトラブルが起き、どう鎮めるかなどまであらゆることに対応してきました。そのときの幅広い経験によって基礎をしっかり築けたからこそ、その後のセキュリティへの道にもスムーズに進むことができたと思っています。

IT社会の安全を守っていく仕組みは、単純ではありません。敵がどういう手で、どう攻めてくるのか。自分たちが守っているものは何か。多くのことを見極めなければなりません。

そのためには、セキュリティのことだけでなく、幅広い知識を身につけておくことが非常に重要です。この業界を目指す人は、ぜひ早いうちから、ネットワークやシステムの基礎をしっかり理解し、習得しておくことをおすすめします。

さらに言えば、英語も力を入れるべきことのひとつ。セキュリティの仕事は常に新しい情報を収集して技術を高めていかなければなりませんが、その情報源となる文献はほぼ英語です。

また、海外の方との情報交換も必要です。英語ができれば必ず強みになります。そのことも意識して取り組んでおくことが大切ではないでしょうか。

現在の現場には、独自で試行錯誤してスキルを磨いてきた人も多いですが、今は専門的に学べる場もあります。基礎から確実に、そして早く習得するためには、そのような場を活用することも効率的だと思います。今後、活躍の場は必ず広がる仕事です。ぜひ、多くの人に興味をもっていただきたいです。

続きを読む

「好き」をもっと突き詰める作品を分析し自ら作るその先に「プロ」がいます。

PROFILE

株式会社サイバーコネクトツー

代表取締役社長
松山 洋さん

ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ、『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズ、『ドラゴンボールZ KAKAROT』
著書『エンターテインメントという薬』、『熱狂する現場の作り方』、漫画原作『チェイサーゲーム』

多くの作品に触れ、そして掘り下げる。それが「学び」につながっていきます。

「好き」を突き詰めたところに「プロ」がいます。ゲーム、アニメ、マンガ、映画…など、自分の好きな作品だけでなく、あらゆる作品に触れて、その作品を分析し、議論する。ヒットする作品はなぜヒットするのか、考えることに「学び」があるのです。もし、自分が好きになれない作品なら、自分ならどこを変えて面白くするのか、そのような視点を持ってゲームをプレイしてほしいと思います。

専門学校などで学ぶ技術は、大きな個人差は出ないと思っています。差ができるのは、どれだけ多くの作品にいかに触れて、分析し、考え、学んできたか。そして、多くのオリジナルの作品を作ってきたか。採用のポイントはそこにあります。一つの作品に注力して完成度を上げようとしても、学生の技術ではどうしても限界があります。それなら、誰よりも数多く作品を作り上げて経験を積んでほしい。

少なくとも話題となっている作品は、ゲームだけでなくマンガ、アニメ、映画などすべて観ておくべきです。授業や課題がどんなに忙しくても、本当に好きであれば時間はいくらでも作れます。その作品を観て、どこが良いのか悪いのか、掘り下げ、専門学校という同じ目的を持った仲間たちがいる場所で議論をしてほしい。その仲間たちと出会うことが、専門学校に通う大きな意義のひとつだと思います。学校で集まることが難しいなら、SNSで話し合うことも今の時代は可能です。

現在のゲーム業界は、新型コロナウイルスの感染拡大により家庭でゲームを楽しむ人が増え、ニンテンドースイッチの売り切れが続出し、プレイステーション5(PS5)が発売されるなど、さらなるブームが沸き起ころうとしています。ただし、ゲーム業界は二極化しており、PS5に代表される100人規模のスタッフによるビッグプロジェクトもあれば、インディーゲームのような小規模のプロジェクトもあります。

サイバーコネクトツーではキャリアに関係なく、アイデアコンペを行っており、若手のアイデアであっても優秀なものは、どんどん製品化を目指していきます。学歴は一切関係ありません。ただし今の学生を見ていると、「ゲームが好き」と言っても、まだまだ足りない。プロを目指すのではあれば、もっとゲームやアニメ、マンガを楽しんで、もっと考えて、もっとたくさん作品を作ること。その先にいるのが、「プロ」なのです。

続きを読む

ゲームは自分で「楽しむ」から「魅せる」「観る」時代に。
e-sportsの可能性は無限大です。

PROFILE

Sengoku Gaming

株式会社 戦国 取締役役員
岩元 良祐さん

「Sengoku Gaming」は福岡を拠点とするプロeスポーツチームで、世界大会でも優勝経験のある選手を有する国内トップクラスのプロeスポーツチームです。

個人やチームで活躍する選手が続々!e-sportsの魅力に各業界が注目

「Sengoku Gaming」は、2017年にアマチュアのゲーミングチームとして結成。『League of Legends』など、主要ゲームタイトルのプロリーグに参戦しています。運営する株式会社戦国が、2020年1月に九州で情報通信事業を手掛ける株式会社QTnetの子会社になり、九州から世界に向けてe-sportsの発展に貢献したいと考えています。
ゲームの世界は自分で「楽しむ」から、自分でプレイを発信して人に「魅せる」、そのプレイを面白い、楽しいと思って「観る」人たちが増え、世界規模で爆発的な広がりをみせています。人気の選手になると、動画配信で100万人のフォロワーを獲得。その人気から多くの広告収入が見込まれ、続々と大手企業がスポンサーに名乗りを上げるなど、かつてないほどのビッグビジネスに発展しています。

プロになるには、好きというだけでなく、職人としての資質が必要です。個人であればその多くが動画配信を行っていますので、ゲームの技術だけでなく、定期的に動画配信をするためのスケジュール管理、撮影などに関する技術も必要になります。チームの場合には、スポンサーや広告収入、グッズの販売で収益を上げることになりますので、選手たちは練習して大会で好成績をおさめる必要があります。私のチームの選手たちの練習時間は、1日8時間~13時間。一般的な選手であっても、Jリーグ選手並みの年棒を誇るほどになっています。

専門学校で学び、まずはプロの世界を目指してほしいと思います。多くの経験を積んでいくことで、この業界に興味を持つイベント会社や広告代理店、ゲーム会社などで企画や運営などの仕事に就くチャンスも生まれています。今は若い人のスポーツと思われがちですが、今後は30代以上の選手が活躍する時代も来るでしょう。

日本は世界に比べてe-sportsの発展が遅れていると思われがちですが、私のチームには韓国の選手も在籍しており、アジア各国の強い選手が日本に集まってきています。また、パソコンが主流の欧米と異なり、日本は各種ゲーム機を使い独自に進化してきた歴史があり、今後、さまざまなゲームタイトルやスタイルに発展していく可能性もあります。

まずは、e-sportsの世界に触れてみてください。ただし、あまりにも情報が多いので、 最初は自分が尊敬する選手が参加するイベントや動画から入ってみることをおすすめします。すでに国内では、文化プログラムとして国体でe-sportsの競技が行われ、各都道府県代表が熱戦を繰り広げました。「オリンピック競技種目に」という声もあり、e-sportsには無限の可能性が広がっています。

続きを読む

PAGE TOPPAGE TOP